秋田恵李奈
製造部アッセグループ
2015年入社

地元で見つけた優良企業!

高校を卒業後、接客業などを中心にいくつか転職をしていたのですが、20歳になったことをきっかけに安定した企業の中で働いてみたいという思いが強くなり、当社への入社を決めました。

初めての製造業、医療業界ということで分からない部分も多くありましたが、やはり電極を扱う特殊な分野での知名度とシェアの高さ、何と言っても地元企業の中での安定性は私にとって大きな魅力でした。

当社では車通勤の社員が非常に多いのですが、私も車で10分程度で通勤が可能になります。退社した後に自分の時間が多く持てる生活は、私生活の充実につながっていると実感しています。


30名を超えるアッセグループの皆さんに気持ち良く働いて貰うための
コミュニケーション。

入社後、先輩社員のOJTにより半年くらいの時間をいただき、業務のイロハを教育していただきました。
私の所属するアッセグループは、各部品を組み立てて製品化し、最終検品・梱包を行い終了します。

この一連の作業をスムーズに行うには、各パートの作業に携わる社員・パートさんの方々に気持ち良く仕事に集中していただくための環境作りが欠かせません。

どの工程で不良品が発生しているか、また納期を考えた場合のマンパワー不足を常に計算していなければならないのです。


アッセ作業風景


出荷を待つ製品ダンボール

最も重要なのはこの製造工程の中で何が原因で、どこのセクションが上手く行っていないのか?現状の状況把握が大切になります。

社内の作業場所を移動しながら、何気ない雑談の中で各セクションの作業状況を把握し、時には最適な場所に人員を追加して遅延の無い納期を守って行く作業には、密な社内コミュニケーションが欠かせません。

突然のオーダーには現場の方たちは、なかなか対応してくれません。
朝礼の際に事前に懸念事項の確認をしたり、問題点の洗い出しをしたり、常にコミュニケーションをとることが作業の効率化に直結すると感じています。

お客様のご要望に応えて、仕様変更や早めの納期変更に応えられた時の喜びは格別です!

様々な種類の電極を製品として出荷できる状態にスケジュールを管理していくことは、とても難しい作業です。 思っていた通り、予定通りにスケジュールが進むことが稀だからです。

だからこそ、お客様からのご要望にお応えして、厳しいかもと感じられた納期、納品を実現出来た時の喜びは格別となります。 また、地元に病院の中で自社製品を目にした時の喜びも忘れられません。

まだまだ一人前になるにはたくさんの先輩方のアドバイスを頂かないといけませんが、将来的には自分も先輩社員として新入社員への教育、自分が教えて頂いたことを、より簡単に、分かりやすく伝えていける立場になれることを目標としています。