浜田一孝
製造部スクリーン印刷グループ
2011年入社

印刷の技術を医療の分野で活かす、品質を⾼めていくやりがいと挑戦の毎日!

前職では、現在と同じシール印刷のオペレーターとして勤務。
製造業の物づくりの一つとしてラベルの印刷などを担当していました。
この印刷分野のスキルを活かす仕事はないかと転職活動を行う中、現在のアイメデックスと出会い、医療という未知の分野への不安もありましたが、新たな挑戦のフィールドに身を置くことを決意して入社いたしました。

高度な印刷の技術を使って電極を作り上げていく喜び。

通常の印刷と言うと、紙に色重ねて写真や商品のパッケージなどを印刷していく工程を思い浮かべる方も多いかと思いますが、当社では、スクリーン印刷の技術を使って医療シーンの中で使用される電極を製造しています。

この電極は、微弱な電流を通す回路が幾重にも重なって出来ており4〜6層の各層をずれることのないように印刷して貼り合わせていくことによって完成します。 非常に微細な回路印刷の技術が要求され、少しのズレや印刷ミスが、回路の断線や電流を通さないなど不良品の発生に繋がってしまう原因となります。

入社当初は、未知の分野ということもあり不安もありましたが先輩社員からの丁寧なOJTや部署全体で行っている勉強会への参加などによりその不安はすぐに解消されました。分からないことはすぐに聞ける、質問が気軽に出来る社内コミュニケーションの良さは、 当社の特徴と言えるかもしれません。


印刷された複数の階層によって構成される電極

作業効率、クオリティーを求めて調整していく生産予定の管理作業は大きなやりがい!

当社で扱っている電極の種類は、様々なシーンに応じて使用用途が異なってくるために 10種類以上のバリエーションがあります。 これらの商品は、その製造過程が異なるために、現在使用している3台のスクリーン印刷機を効率的に稼働させるための生産予定を提案・管理することが重要な作業となります。

製造現場で働いていただいているパート社員の業務管理や1週間、1ヶ月単位での生産予定をお客様の納期ニーズや仕様によって組み立て行き、製造効率を上げていく、そして不良品の発生を抑えるための技術改善を常に行う。

また高度な印刷技術を後輩社員に的確に伝えていく教育の方法として、Youtubeにアップした動画を用いた教育プログラムを模索するなど新たな試みにも取り組んでいます。

こうした全社目線での取り組みや、不良品の発生を出来るかぎり減らしていく作業の達成感は大きく、私の業務のやりがいとなっています。

作業現場では、様々な障害や予定の変更などが起こります。 臨機応変に対応できる柔軟性、そして緻密な作業の積み重ねになりますので、ある程度の職人気質と言うか細かな作業がお好きな器用な方がこの業務に向いていると感じています。

当社には風通しの良い、コミュニケーション重視の働きやすい環境が整っています。 皆様のご応募をお待ちしています。


スクリーン印刷機を使って電極を製造